東京 立川市 アレルギー科

ホームサイトマップEnglish
むさしのアレルギー呼吸器クリニック TEL 042-548-3688
東京 立川市 アレルギー科 むさしのアレルギー呼吸器クリニック
 
病気について
診療科目
アレルギーとは?
喘息
アレルギー性鼻炎、花粉症
アトピー性皮膚炎
食物アレルギー
じんましん
アナフィラキシー
長引く咳
病気についてのコラム
病気に関するQ&A
ご予約はこちらから
 
 
アトピー性皮膚炎 HOME  病気について  アトピー性皮膚炎
 
アトピー性皮膚炎とは?
 
アトピー性皮膚炎は強いかゆみをともなった湿疹が続き、良くなったり悪くなったりを繰り返します。乳児では2ヶ月以上、乳児以外では6ヶ月以上続く場合として定義されています。
多くの患者さんでは、アレルギー体質をもっています。乳幼児期には顔や頭から湿疹がはじまり、ひどくなると体や手足にひろがります。幼少期や思春期以降になると湿疹は関節部分に出やすく、全身にひろがった湿疹は慢性化する傾向があります。ひどくなると全身の皮膚が乾燥し、皮膚が変色して厚くなることもあります。
 
バリア機能の崩壊
 
人間の皮膚には、いろいろな刺激や細菌などの外敵をはねのけるとともに、体から水分が蒸発しないようにするバリア機能が備わっています。
アトピー性皮膚炎の皮膚ではバリア機能が壊れているため、外からは細菌や抗原が入ってきやすくなり、また内側からは水分が逃げていきます。また入ってきた抗原に対してアレルギー細胞が皮膚に集まって炎症をおこし、内部を刺激してかゆみを引きおこします。皮膚をかきむしることでさらにバリア機能が崩壊し、悪循環となっていってしまうのです。
 

 
健康な皮膚とバリアが壊れた皮膚
 
△ ページトップへ
アトピー性皮膚炎の原因
 
アトピー性皮膚炎の原因抗原は、年齢によって違いがあります。
乳児期では患者さんの7割において食物が原因となりますが、2歳以上になるとダニなどの環境抗原が関わっていると考えられています。つまり乳児の場合は原因となっている食物を特定し、適切に除去すればよくなることが多いのです。
一方ダニ抗原などは完全な排除が難しく、成人では継続的な治療が必要になるケースが多くみられます。
さらにアトピー性皮膚炎は非常に複雑な病気で、抗原以外に汗・乾燥・紫外線・細菌感染・化学物質・衣類などさまざまな悪化因子が存在します。つまり皮膚を刺激するような要因であれば、ほぼ悪化因子になると考えてよいわけです。
 

 
アトピー性皮膚炎の原因
 
△ ページトップへ
アトピー性皮膚炎の治療
 
アトピー性皮膚炎の治療は、スキンケア薬物療法悪化因子の除去、に大きく分けられます。
 

 
スキンケアとは、体を石けんで洗って皮膚についたアレルゲン・細菌・汗・汚れなどを落とす意味があります。入浴直後は皮膚が水分を含んでしっとりしていますが、皮脂も一緒に洗い落してしまっているため、そのままではまたカサカサしてきます。そのためすぐに保湿剤をたっぷり塗って、皮膚の乾燥を防ぐことが重要です。
 
スキンケア / 入浴して清潔に・保湿剤でスキンケア
 

 
アトピー性皮膚炎の薬物療法としてはステロイドの外用薬が有効であり、皮膚症状の程度や部位によって効果の強いものから弱いものと使い分けをします。2歳以上ではタクロリムス軟膏が使用可能であり、顔面への使用はステロイドの使用を減らす意味でも有用です。飲み薬に関しては、特にかゆみの強い場合に抗ヒスタミン薬を併用します。また重症のアトピー性皮膚炎の患者さんに対し、シクロスポリンという免疫抑制剤の内服が保険で認められるようになりました。
 

 
悪化因子に関しては、原因となるアレルゲンや皮膚の状態を悪化させる要因を、可能な限り除去していくことが大切です。生活習慣や環境を整備し、ストレス対策なども必要です。
 

 
アトピー性皮膚炎についてのQ&Aはこちらから →
 
△ ページトップへ
 
 
 
ホーム診療内容院内案内院長プロフィール病気についてのコラムお知らせお問合せサイトマッププライバシーポリシー
COPYRIGHT(C) 2009 むさしのアレルギー呼吸器クリニック. ALL RIGHTS RESERVED. PRODUCED BY T.D.B