東京 立川市 アレルギー科

ホームサイトマップEnglish
むさしのアレルギー呼吸器クリニック TEL 042-548-3688
東京 立川市 アレルギー科 むさしのアレルギー呼吸器クリニック
 
Q&A
Q&A
質問フォーム
病気に関するQ&A
ご予約はこちらから
 
 
喘息 HOME  Q&A   喘息
 
 
番号 3   HIT 4330
タイトル 喘息の服薬について
内容 Q: 3歳頃より子供の喘息がでるようになりました。現在オノンを朝と夕方に服用していますが、時々軽い発作を起こし吸入しています。いつごろまで薬の内服が必要なのでしょうか?大人になっても内服を続けなくてはいけないのでしょうか? 35歳 女性

A: 小児の喘息は思春期を前後に良くなることが多く、これをアウトグローと言います。ただ小児喘息の1〜2割は、そのまま成人まで持ち越すこともあります。オノンを内服していて時々軽い発作を起こすとのことですが、季節の変わり目に1〜2回程度なのか月に何回なのか分かりかねますが、オノン内服していても月に何度も喘鳴がでるようであれば、吸入ステロイド薬の使用適応となります。
 
 
 
 
 
 
 
 
△ ページトップへ
 
 
 
ホーム診療内容院内案内院長プロフィール病気についてのコラムお知らせお問合せサイトマッププライバシーポリシー
COPYRIGHT(C) 2009 むさしのアレルギー呼吸器クリニック. ALL RIGHTS RESERVED. PRODUCED BY T.D.B